新築住宅で失敗しない!巾木で部屋のイメージを変える方法とは?

白で統一されてスッキリ見えるお部屋のイメージ写真

できるだけ生活感がない、スッキリした空間で暮らせたらと憧れますが、モデルハウスのようにおしゃれな雰囲気をつくることはなかなか難しいです。

ですが、あまり気に留めて考えたことがなかったあるモノの色で、部屋の雰囲気が劇的に変わることを知りました。

部屋の印象は、窓枠・ドア枠・巾木(はばき)・廻り縁(まわりぶち)の配色で変わる?

白で統一されてスッキリ見えるお部屋のイメージ写真

最初の画像の別角度、ドア側からのキッチン方向の見え方です。

白で統一された空間は、とてもスッキリと洗練された上品な印象を受けます。巾木と廻り縁も白なので、違和感なく部屋に溶け込んでいます。

床や壁の色と同色にすることで、目立たないスッキリした印象になるようです。白いドアというのも、とてもおしゃれで素敵です。

白で統一されたデザインには憧れますし、ホントにすごく素敵なのですが、生活している中で、どうしても汚れが気になりそうな気がして思い切れませんでした。

巾木(巾木)・廻り縁(まわりぶち)とは何?

巾木・廻り縁・ドア枠のイメージ画像

初めて聞く言葉で、新居の間取りの良い案をネットで探しているときに偶然知った情報でした。

この部材の配色をどうするかで、部屋の印象が違ってくるようなのです。

以前の住宅が、上の画像と似たような印象のお部屋だったのですが、巾木や廻縁、ドア枠や窓枠について考えたことがなかったので、初めて知ったときは「そうなの!?」と、とても衝撃的でした。

巾木(はばき)とは?

巾木(はばき)というのは、部屋の床と壁との境にある縁取りのようなもので、見切り部材と言うそうです。

廻り縁(まわりぶち)とは?

天井と壁の接するところに取り付けられる見切り部材です。

見切り部材とは?

見切り部材のイメージイラスト

天井材と壁紙などの違う材質がぶつかり合う部分を、美しく納めるために取り付ける部材のようです。

巾木・廻り縁・ドア枠・窓枠に合わせる色で部屋の印象が大きく変わる

巾木が印象的なお部屋のイメージ写真

巾木を濃いブラウンにした部屋は、引き締まった印象に見えます。

下の2パターンの画像でもわかるように、床とドアに壁紙とは違う色を使った場合、巾木とドア枠、窓枠に持ってくる色の組み合わせで部屋の印象が大きく変わります。

柔らかい印象のお部屋のイメージ写真

ドア枠をドアと同色に、巾木を床材と同色、キッチンカウンターの開口部はドア枠に合わせて縁取られていて、素朴で柔らかい感じの雰囲気です。

 

シックな印象のお部屋のイメージ写真

こちらの部屋は、床と同じ濃いブラウンの巾木を使って、シックな雰囲気です。

私たちも壁紙はホワイト系にしたのですが、ドアの色は白ではなく上の画像のような濃いブラウンにしました。

そんな場合のドア枠は、どちらに合わせるのがスッキリ見えるのでしょう?

ウチは、ドア枠の色を壁紙に合わせて白にしたのでが、ドアを開けているときと閉めているときの印象が、少し違ってくるような気がしています。

リビングのイラスト

最終的には、住む人の好みで決めることになると思うのですが、専門家の方の意見としておすすめはどちらなのでしょうね?

今回、偶然にもこんな貴重な情報を知ることができたので、巾木とドア枠については、担当の営業さんに嫌がられるくらいしつこく確認して決めることができました。

限られた少ない予算なので、りっぱな家を建てることはできないですが、少しでもおしゃれで暮らしやすい家ができると嬉しいです。